CHECK

納得できる高品質な仕上がり!工務店をうまく活用するためのポイントなどを解説

もしこれからマイホームを建てようと計画している家庭がいるなら、ぜひ大手建築会社よりも工務店を選択することをおすすめします。
特に地元で長く営業している工務店だとその地域についての詳細を知っていますし、一年を通しての気温や天候、生活環境などに適した高品質な家造りを実行してくれるからです。
また中小規模の会社であることが多いので、設計の際は依頼者側の自由度が高かったり、細かい部分の融通が利きやすいなどの利点もあります。
トラブルの際にもすぐに駆けつけてもらえる可能性が高いので、すぐに連絡が取れるよう環境を整えておきましょう。

自分の要望に合う工務店の見つけ方

新しい住まいやリフォームを考えるなら、自分の要望にしっかりと耳を傾けてくれる工務店を選びたいものです。
慎重なリサーチと比較を重ねて信頼できるところを選び出すためには、情報収集が重要となります。
工務店の見つけ方としてまずあげられるのは、インターネットを活用したオンラインリサーチでしょう。
ネットを通じて公式ホームページをチェックしたり、口コミを参照することで、その工務店の信頼性の高さや、技術力などを調べることができます。
高性能住宅を建てたい、など具体的な要望がある場合は、それをキーワードにして検索してみるのもおすすめです。
地域名と合わせてリサーチをすれば、より詳細な情報を入手することができるでしょう。
幅広く情報を集めた後には、実績や施工例などをもとにして、比較を行っていきます。
様々な要素をチェックして比較を行い、総合的に評価した上で相談先を選択しましょう。
情報収集と検討のプロセスをしっかりと行えば、要望にあった工務店を見つけやすくなります。

工務店ごとに異なる得意な施工の分野

注文住宅の建築では、ハウスメーカーや工務店が施工を担っています。
私たちが家づくりを行う際は、依頼先を探すところからスタートします。
初めてのことで依頼先の決め方に迷いを感じたり悩みを抱えている方もいるかもしれません。
工務店は地元やその周辺といった狭い範囲を対象エリアとする、地元の中小企業です。
設計の自由度は高いのですが、会社によって品質にバラツキがあると言われています。
工務店ごとに強みが様々であったり、得意な施工の分野が異なるため、選ぶ際は希望を実現してもらえるのか見極めることが大切です。
ホームページやSNS、カタログ請求や地元の住宅情報誌などから、家づくりの様子を調べたり、不定期に開催される実際に建てられたオーナーさんの住宅見学会に参加するなどして情報収集すると良いでしょう。
施工後に満足度の高い家づくりをするためには、工務店が得意とする施工の分野について事前に知っておくことがポイントです。

工務店の実績や施工例をチェックする手段

工務店の主な特徴として、その地域に根差した活動を行っていることがあげられます。
世代を超えて利用されるケースも多く、長く営業してきた工務店なら多くの家を手掛けてきたはずです。
過去の実績を見てから依頼するかを判断したいと考える場合、まずはホームページを閲覧するのがお勧めです。
最近ではごく小さな会社でもホームページを用意しており、コンタクトもサイト上からとれるようになっています。
問い合わせフォームがあれば、そのまま話を聞くための段取りを整えることも可能です。
サイト上に公開されている家の画像は、その工務店の中でも自信のあるものが多いため、どの程度のスキルやノウハウを持っているのかをはかる判断材料にもなります。
実際に足を運ぶ場合には、紙に印刷されている施工例を見る機会があります。
ホームページには代表的なものしか掲載されていませんが、工務店内で見られるものはたくさんあり、希望の条件に合う施工例も見つかるかもしれません。

工務店の担当者と相性が良いことも重要

工務店にて、自宅を作る場合、担当者となる方との相性はかなり重要です。
なぜなら、工務店はオーダーメイドで自宅を作るという手法上、担当者となる人物が家を建てる人物からうまく情報を引き出す必要があるためです。
担当者側の人物と依頼者側の人物の相性が悪いとお互いが意見を言い合い、望むものを提供できないことが住宅づくりで起こりえる問題になります。
だから、工務店の担当者と依頼人の関係性はできるだけ良い関係性を築き上げていることが重要で、依頼する側は依頼者側に対して要望を聞き入れてくれているという充実感があるに対し、依頼を引き受ける工務店側の担当者側は、要望を受け入れ依頼人側の要件に堪えていることで満足感を得ていることが相互の関係においてよい関係です。
一方、依頼人側と依頼を引き受ける担当者側が仲たがいやソリが合わない状態で住宅づくりを進めていくと、お互いが満足できない仕上がりになることも多いため、住宅づくりを依頼する依頼人側と、仕事を任された側の関係性は良好である必要があるのです。

ハウスメーカーと比べて工務店が優れている点

ハウスメーカーは知名度がありますが、人件費や広告費がかかっている分どうしても費用が高値になりがちです。
ハウスメーカーに比べると、工務店はリーズナブルに工事できる点が長所と言えるでしょう。
特に自社にお抱え大工を持つ工務店であれば、下請けへのマージンが発生しないので工費が安値で済みます。
できるだけ安く工事したいなら、工務店を選ぶのが得策です。
工務店は大手のメーカーのようにスタッフが多くない所がほとんどです。
そうすると施主とスタッフとの距離も近く、アットホームに何でも相談できるのも良い点です。
担当者が変わることもなく、工事のスタートから完了やアフターフォローまで責任を持って担当してもらえるでしょう。
大工さんともダイレクトにコミュニケーションが取りやすいので、誤解が生じることなく希望が伝わります。
途中変更をしたいときも融通が利いて、工事内容を変えることも可能なケースが多いです。
また小さな工事でも気軽に頼めるのもメリットと言えます。

工務店に見積もりを頼む際の注意点

工務店に見積もりを出してもらう時に気を付けたいことがいくつかあります。
まだどのような仕事をするのか分からない段階で、色々な所に声をかけるのは避けなければなりません。
実際に声をかけて見積もりを出してもらえば、打合せのための時間を割くことになります。
求めているような家をつくる工務店でなかったり、予算的に依頼できるようなところではなかったりと、詳しく調べてみると縁のない会社だと分かることがあるため、まずはじっくりと調べてから動くことが大切です。
気になるところが見つかったら、その時点では一社に絞り込まずに複数から概算を出してもらうのも鉄則です。
依頼しないかもしれない工務店に手間をかけさせるのは躊躇するという人も多いのですが、見比べてみないと本当の違いは見えてきませんし、その結果最適な依頼先が見つかります。
概算が出た後の打合せでは、キャンペーン等を口実に契約をせかされることがありますが、よく考えてから契約しないと後悔するかもしれません。

工務店との打ち合わせで確認すべき内容

住宅設計の選び方で後悔しないためには、工務店と時間をかけて話し合うことが重要で、特に気を付けたいのが予算の上限を決めることです。
設備を追加していくうちに予算が不足して、家計に負担をかけるローンの組み方を選んでしまった人も珍しくありません。
予算に上限を設けることでローンの負担を減らしてから、注文住宅の構造を決めるのが理想的です。
法的なトラブルを避けるためにも、工務店との打ち合わせは録音などで記録を残すことを推奨します。
勝手に録音するのはマナーに反する行為なので、スタッフに許可を取ってから録音を始めてください。
打ち合わせで決めた内容と施工の結果が違った時にも、録音データがあれば法的なトラブルを回避できる可能士があります。
車庫を設計する際にもデザインを話し合わなければ、駐車するのが難しい構造になりかねません。
プロに設計を任せておけば安心だと考えずに、実際に住宅で暮らしている姿をイメージしながら設計を選ぶことが重要です。

工務店の高所作業で追加料金が発生するケース

専門家目線で考えると、工務店の高所の作業で追加料金が発生するケースは、特定の状況や要因によるものです。
高所作業は作業者の安全性や施工の品質を確保するために重要な一環ですが、その実施には専門的な知識と適切な設備が必要です。
こうした要素が追加料金の発生に影響を及ぼすことがあります。
まず、高所作業には特別な設備や施設が必要なことがあります。
専門家の観点から見ると、足場やクレーン、安全ネットなどの設置や保守にはコストがかかります。
また、高所での作業は作業者の安全を確保するために特別な訓練が必要であり、これにかかる費用も要因となります。
そのため、工務店がこれらの設備や訓練を提供する場合、追加料金が発生することは理解できる点です。
さらに、作業の難易度や労力も追加料金の要因となることがあります。
高所での作業は通常地上での作業に比べて複雑さやリスクが高いため、作業の計画や実施には時間と労力がかかることがあります。
専門家目線から見ると、追加料金が発生するケースは、作業の複雑さや労力が増加する場合に起こりやすいです。
作業の難易度に応じて適切な報酬を得ることは、工務店の品質を維持し、作業者のモチベーションを高めるためにも重要です。

工務店が作成した工期表を施主もチェック

工務店に新築住宅の設計から施工を依頼するときはもちろん、リフォームや増改築工事を行うときにも必ず工期表を作成してスケジュール管理が行われます。
施工開始から完成までのスケジュールが記載してあるものですが、あまり瀬主となる人は目にすることはありません。
建築現場では週単位で工期スケジュールが手書きで記載されていることになりますので、今週はどのような工事が行われるのかそれを見ることで分かります。
工務店はいろいろな資料を作成するけれども、お客さんに直接関係していないものは提出されないことがありますが、工期表は工事全体の流れを把握することができますし、今月はどこまで作業が行われるのか、屋根が設置されるのがいつになるのか、基礎工事が完了するのがいつ頃になるのか、内装工事の着手や外構工事の着手のタイミングなどを知ることもできます。
ただ、あくまでも予定として作成されるものですから、当初とは変更になることも少なくありません。

工務店の施工中に現場を訪れるべき理由

工務店との契約が終わって施工が始まると、後は完成を待つだけという施主が多いです。
しかし、実際は現場を訪れるメリットが多くあるので、できるだけ足を運ぶようにしましょう。
たとえば、完成してからでは分からない内部構造なども、施工中ならしっかり確認できます。
壁の内側にある間柱や胴縁なども視認できる可能性が高いです。
こうした経験があると、今後のリフォームなどで具体的な案を出しやすくなります。
また、工務店の施工に手抜きがないかチェックすることも可能です。
ある程度の知識は必要ですが、作業が丁寧化どうかぐらいの判別は行えます。
もし不満を感じたら、工務店の現場監督にその旨を伝えて改めてもらうのが得策です。
一方、飲み物などを差し入れることで、職人たちに気分よく作業してもらうという手もあります。
そうして親近感を持った職人は、普段より丁寧に作業してくれる可能性もあるからです。
このように間接的な形で施工の品質向上に関与できます。

工務店との値段交渉を有利に進めるコツ

これから家づくりやリフォームなどで、地元の工務店に依頼をする方もいるはずです。
地域密着型の小規模な工務店の多くは、経営者が営業担当や職人あるいは現場監督を兼ねていることもあり、店舗での値段交渉がそのまま即決するケースも珍しくありません。
とはいえ、素人の方が強引に交渉しようとすると信頼関係を損なって、かえって逆効果になることもあり得ます。
そこで値段交渉を有利に進めるコツについて、事前に知っておくことが求められます。
まず複数の工務店から見積もりを取ること。
あらかじめ他社との比較をちらつかせておくと、施主さんの希望や条件を踏まえた見積書を出してくれることがあり、その後の価格交渉もスムーズに進むかもしれません。
もう1つ抑えておきたいコツは、交渉の際に費用面がネックになっていることを正直に伝えることです。
現状では予算オーバーなので困っている、価格だけがネックになって契約したくても出来ない等、費用面の問題を正直に伝えることで、工務店側から価格面で妥協した新たなプランの提案も期待できるでしょう。

工務店の利用時に申請できる補助金

マイホームの建築を行う際は多額の資金が必要になるため、上手く頭を使って対処しないといけません。
貯金をしてローンを組むのは当然ですが、国や地方自治体などからいかに多くの補助金を受け取れるかも重要です。
少しでも金銭的な負担が和らげば、自分や家族の今後の人生も相当楽になるでしょう。
一軒家の建築を計画する時は、工務店に依頼をする方がお得です。
大手の建築会社よりも費用を数割程度安く済ませられますし、地元の工務店には建築の独自ノウハウがたくさんあるので、上手に活かしたしっかりとした作りの一戸建てが完成するはずです。
工務店の利用時に申請できる補助金はいくつかありますが、その中で最適なのがネット・ゼロ・エネルギー・ハウス実証事業です。
省エネ基準比が20%以上で、なおかつ再生可能エネルギーによって住宅の一次エネルギー収支ゼロを目指した住宅だと、この時に100万円以上のまとまった金額を受け取ることができます。
申請をした後数ヶ月程度で家主に入金されるので、ぜひ忘れずに実行してください。

工務店の支払いに使用できるローン

金融機関にはたくさんの種類の融資商品がありますが、そのうち大半の人が工務店への費用の支払いのために利用しているのは「住宅ローン」です。
これは金融機関が提供する、居住用の不動産を担保に低金利で多額のお金を貸し付ける金融商品です。
無担保で用途の制限がほとんどない個人向け融資では1回の審査で貸付を行うかを決めるのに対し、こちらは取り扱う金額が多額となるため審査は2段階に分けて実施されます。
原則として貸付金の使い道は居住用の土地と建物の取得に限定されていますが、金融機関によっては工務店にリフォーム工事を依頼する際の費用の支払い時にも利用できます。
また、「不動産担保ローン」も工務店への支払いに利用できる場合があります。
こちらは基本的には用途の限定はなく、借入金の使い道についても制限が緩いです。
もちろん、借りるためには審査を通過しなければなりませんが、工務店へ支払う分も含めてその時点で必要と考えているお金を借りることができます。

工務店による施工後のメンテナンス

工務店で注文住宅を建てた方は、完成後には一定期間にわたり無料のメンテナンスを受けることができます。
トイレや洗面台、ユニットバスやキッチンの場合ではメーカー依存になるので対象の範囲となることは非常に少ないのですが、外装では基礎部分のひび割れや外壁材のクラック、サイディングの浮き、フェンスや門扉など塗装を施した部分のコンディションなどは対象範囲です。
工務店による違いと建てた住宅による違いはありますが、屋根や屋上の防水の点検も行われています。
屋内側では床を踏んだ際の異音の点検やドアなどの建具の動きの点検、天井や壁のシミの点検などが主になります。
エクステリアも同じ工務店に依頼をしたのであれば、敷き詰めたレンガやタイルの地面の歪みの有無、コンクリート打ちをしたスペースのひび割れの点検などがあり、もしも不具合が起きているのであれば完全に無償で直してもらえるので、注文住宅を建てた方は安定するまでの期間は工務店のメンテナンスサービスは受けた方が確実ではないでしょうか。

鹿嶋市の工務店を探すに関する情報サイト
工務店のポイント

一般的な大手建築会社よりも地元の工務店を選択することにより、高品質な住まいが完成できる可能性が高まります。
なぜなら地域で長く事業を行っている地元企業ならではの、一年を通しての生活環境に応じた住まいづくりが可能だからです。
自然災害や気温の変化を乗り越えるために、しっかりとした家造りが実現されます。
また大手よりも引き受ける仕事量が少ないおかげで、その分親身になって応対してくれます。
細かい注文なども簡単に行える上に、急な変更や状況説明の際もすぐ対応してくれるでしょう。

Search