【お前は勘違いしている】原付は直進レーンから直進しろ

注意喚起のため記事にした

原付は,左折レーンから直進できない

直進レーンから直進しろ

ちょっとタイトルが煽り気味なのは,勘違いで危険な運転をする人を少しでも減らすためだ


ではさっそく,道路交通法第三十五条

第三十五条 車両(軽車両及び右折につき原動機付自転車が前条第五項本文の規定によることとされる交差点において左折又は右折をする原動機付自転車を除く。)は、車両通行帯の設けられた道路において、道路標識等により交差点で進行する方向に関する通行の区分が指定されているときは、前条第一項、第二項及び第四項の規定にかかわらず、当該通行の区分に従い当該車両通行帯を通行しなければならない。ただし、第四十条の規定に従うため、又は道路の損壊、道路工事その他の障害のためやむを得ないときは、この限りでない。

前から順番に意味を考えていこう

「前条第五項本文の規定」は下の通り

第三十四条  5 原動機付自転車は、第二項及び前項の規定にかかわらず、道路標識等により交通整理の行われている交差点における原動機付自転車の右折につき交差点の側端に沿つて通行すべきことが指定されている道路及び道路の左側部分(一方通行となつている道路にあつては、道路)に車両通行帯が三以上設けられているその他の道路(以下この項において「多通行帯道路」という。)において右折するとき(交通整理の行われている交差点において右折する場合に限る。)は、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、交差点の側端に沿つて徐行しなければならない。ただし、多通行帯道路において、交通整理の行われている交差点における原動機付自転車の右折につきあらかじめ道路の中央又は右側端に寄るべきことが道路標識等により指定されているときは、この限りでない。

要約すると,自転車学校で習った有名なアレ

  • 原付は,三車線以上の道路(小回り標識があるときを除く)と,二段階右折することが標識で指定されている交差点では二段階右折しろ


「道路標識等により交差点で進行する方向に関する通行の区分が指定されているとき」というのは,道路に矢印が書いてあるときということ(たまに看板で教えてくれたりもする)


「前条第一項、第二項及び第四項の規定」というのは,「左折するときは左,右折するときは右に寄ってね」という規定で,一般的な車両が指定通行区分のある場所で例外になるのは当然である


今回は「左折レーンと直進レーンが両方存在する交差点がある。道路に障害はない。原付は,その交差点を直進するとき,直進レーンを直進するべきか,左折レーンを直進すべきか」について判断したい

三十五条を簡単にしてみよう

車両(軽車両及び二段階右折をしなければならない交差点で左折または右折する原付を除く。)は、矢印に従いそのレーンを通行しなければならない。

言い換えると,「矢印に従わずに通行できるのは,軽車両と,二段階右折をしなければならない交差点で左折または右折する原付に限る。」ということだ。

したがって,直進する場合は矢印の例外ではない。

原付は直進レーンから直進しろ

勘違いが広まった原因について

某記事のタイトルが原因ではないかと感じている

「原付 左折レーン 直進」と調べると,真っ先に出てくるのが

「原付は左折レーンも直進!?」みたいなタイトルの記事だ

この記事では,「直進」という単語を「二段階右折するために交差点の側端に沿つて通行すること」の意味で使用しているが,内容を見ない人には「交差点を直進すること」と勘違いしてしまうだろう

また,条文をちょっと読んで,第三十五条の車両の例外に「原動機付自転車」って単語が見えて,早とちりした人もいるはずだ

ブログの管理者は,読者が記事を読むことで被った損害には責任を負わないのが普通である(免責事項を見てみよう)

ネットの情報に全て頼るのではなく,自分で調べる努力をするべきだ

(それ以前に記事の内容すら読まずにタイトルで判断することは論外)

独り言

さて,要約の途中で気になったことがある

第三十五条の「前条第五項本文の規定によることとされる交差点において左折又は右折をする原動機付自転車を除く」という部分,二段階右折をしなければならない交差点で左折する原付は,矢印に従わなくてよいことになってしまう

矢印に従わないで左折できるのなら,どのレーンを通行すればいいのか

第三十四条第五項で規定されている交差点とは,二段階右折が必要な交差点であるが,左折に関しては記述がないため第一項の規定に従うことになる

つまり,第三十四条第一項そのまま,左端に寄れということだろう

ここで例外にしないと,左折レーンが複数ある場合に最も左側でないレーンを通行して左折できてしまう。

なるほどなぁ。