チャーターブログ

あかさたな 浜金谷

登山記 ~生藤山・茅丸(1019m)・三国峠~ 移動運用

今回は生藤山・茅丸・三国峠に登山してきた


生藤山・茅丸は東京都西多摩郡檜原村と神奈川県相模原市緑区の境界上に、三国峠はさらに山梨県上野原市にもまたがっている


茅丸の標高は1019mで、奥高尾で最も高い
1000m級の山はこれで3回目


生藤山・茅丸・三国峠の3つの山頂は互いに近いところにあり、数分で隣の山頂に行ける


陣馬高原下バス停からかなり遠くのところにあり、往路4時間、復路2時間半かかった


行程

6:57 新宿駅

安い京王線高尾駅
小走りで3分で乗り換えして、16分早く着くのに乗れた
バスの時刻は変わらないけど、バス停はけっこう並ぶので早めに行きたい


休日のこの時間の電車は2割くらいが登山客だった

7:40 高尾駅

JRのホームを通って改札口へ
f:id:monhime:20190520083238j:plain


f:id:monhime:20190520083239j:plain


バス停
既にたくさんの人が
f:id:monhime:20190520083241j:plain
f:id:monhime:20190520083242j:plain


小仏行きと陣馬高原下行きが特に人が並んでいた
バスは臨時で一度に二台運行


ここで並びながら朝ごはん
朝起きたのが5:50ですぐに部屋を出たので食べる時間が無かった

8:45 陣馬高原下バス停着

f:id:monhime:20190520083243j:plain


トイレに並んだりで、15分くらいここにいた

9:00登山開始

ここを登って歩くのは2回目かな
下りも含めれば5回目になる
f:id:monhime:20190520083246j:plain

9:19 陣馬山新道登山口通過

前にここを通った時はここから陣馬山へ向かった
今回は和田峠から生藤山を目指すので道路をこのまま登っていく
f:id:monhime:20190520083250j:plain


f:id:monhime:20190520083251j:plainf:id:monhime:20190520083252j:plainf:id:monhime:20190520083253j:plain
f:id:monhime:20190520083254j:plainf:id:monhime:20190520083255j:plainf:id:monhime:20190520083256j:plain
f:id:monhime:20190520083257j:plainf:id:monhime:20190520083258j:plain

9:50 和田峠

駐車場と休憩所がある
f:id:monhime:20190520083304j:plain


南北方向には谷に、東西方向では山頂になっているような、鞍点にあたるところに位置している


登ってきたところ
f:id:monhime:20190520083259j:plain


石碑
f:id:monhime:20190520083300j:plain



10:00 アマチュア無線 運用開始

QSOdataは三国峠山頂の方に記載

10:30 和田峠

一般車両の立入禁止になっている
f:id:monhime:20190520083302j:plain

10:32 登山口通過

案内板の向きがかなり際どいけど、なんとなく山道の方指してるし、YAMAPの地図見ても道路から直角に向かっているのでここから入るらしい
f:id:monhime:20190520083305j:plain



こんな道がずっと続く
f:id:monhime:20190520083307j:plain


大きな足跡を発見
クマではなさそうだけど、熊鈴つけてないから不安になった
次の登山までには買っておかないと

f:id:monhime:20190520083312j:plainf:id:monhime:20190520083313j:plain


視界には誰もいない
自分しかいない
f:id:monhime:20190520083310j:plain


f:id:monhime:20190520083316j:plain


分岐点
f:id:monhime:20190520083318j:plain
f:id:monhime:20190520083320j:plain


この山のまき道は危ないところが多かった
谷の方に体重かけると道がすぐ崩れて何回かバランス崩した
ストック使ってたからすぐに立て直せたけど、無かったら転んでた
f:id:monhime:20190520083321j:plain:w400


だからといって峰を歩くにも坂がかなりキツかった


左右が急な坂になってる
f:id:monhime:20190520083326j:plain


f:id:monhime:20190520083327j:plain


f:id:monhime:20190520083328j:plain

12:39 茅丸登頂

標高1015m
木に囲まれていて、眺めはあまり良くない
ベンチは2つで狭い
f:id:monhime:20190520083330j:plain
昼ごはんを半分だけ食べて隣の生藤山山頂に移動する
f:id:monhime:20190520083331j:plain


f:id:monhime:20190520083333j:plain

12:53 生藤山登頂

標高990m
ここも見晴らしがよろしくない
ベンチは3つか4つだったか
f:id:monhime:20190520083336j:plain
f:id:monhime:20190520083338j:plain


f:id:monhime:20190520083343j:plain

13:00 三国山登頂

標高960m
携帯の電波が強く届いて、問題なくtwitterに画像を投稿できた
反対側の方は遠くの山の上半分が見えるくらいには眺めが良かった
f:id:monhime:20190520083341j:plainf:id:monhime:20190520083342j:plain


何組かの親子が一緒に登山していたらしく、ベンチで賑やかにご飯食べていた

13:15 アマチュア無線 運用開始

~~~~~~~~QSO data~~~~~~~~~~~
date: 5/19 10:03~10:20, 13:15~14:11
QTH: 東京都八王子市和田峠(690m)、東京都西多摩郡檜原村三国峠山頂(960m)
JCC#1002、JCG#10002
GL :PM95OP、PM95NQ
Freq: 430MHz
mode: FM
Rig: IC-S70
Power: 2.5W、0.5W
ANT: ハンディロッドSRH779


和田峠
東京都3局、埼玉県1局

三国峠山頂
埼玉県3局、神奈川県2局


計9QSO


各局ありがとうございました!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
山奥に行くと標高が高くても途中の山で遮られたりで、パイルアップするほど呼ばれなくなる


数分CQしていても呼ばれなくなり、ITUの記念局がCQしているのが聞こえてきて、混信与えてしまうと思ったのでQRT
水筒切らして早く下山したかったので、1時間でやめることにした

14:20下山開始

f:id:monhime:20190520083409j:plain:w300



茅丸の手前の、三国峠へのまき道との分岐点で8人くらいのグループの登山客とすれ違ってから、和田峠までの約2時間半、誰ともすれ違わなかった
新緑や風が気持ち良かった
f:id:monhime:20190520083346j:plain


下山から2時間はほとんど緩やかな道を歩くので、全然標高が下がらない
遠くの山の山頂がまだ同じくらいの高さに見える
f:id:monhime:20190520083345j:plain



f:id:monhime:20190520083347j:plain
まき道にところどころ危険なところがあるので注意
f:id:monhime:20190520083348j:plain

16:00 和田峠

休憩所でサイダー買った
4時間くらい何も飲めなかった
f:id:monhime:20190520083410j:plain


ここからバス停まで歩いた
この道がこの山で一番見晴らしが良かったな
f:id:monhime:20190520083352j:plain

16:55 陣馬高原下バス停着

次のバスは17:25
前回陣馬山に登った帰りは夕焼小焼まで歩いたけど今日はそんな体力は残ってなかった

18:00 高尾駅

準特急で新宿へ
f:id:monhime:20190520083358j:plain

19:06新宿駅

家に帰る頃にはかなり遅くなっているので新宿の博多風龍ラーメンでご飯
替え玉2玉無料でしかも1玉が多いのでお腹いっぱい
f:id:monhime:20190520083411j:plain


その後は紀伊国屋書店で日帰り山あるきベスト130という本を見つけたので買った
鉄道の駅から行ける山とそのルートなどが詳しく書かれていた
これからこの本を参考にして登ろうと思う


次回
夏休みに御前山へ
もしかしたら大学の中間試験終了後にまたどこか行くかも



前回の登山
monhime.hatenablog.com