charter(JJ1PID)

第一級アマチュア無線技士試験 合格! おすすめの勉強法や参考書を紹介

12月1日に受けたアマチュア無線1級の試験に合格した 
f:id:monhime:20181218204309j:plain:w400


おすすめの参考書と勉強法を紹介


※3級合格の記事はこちら
monhime.hatenablog.com



第一級アマチュア無線技士とは

第一級アマチュア無線技士の操作範囲は、電波法施行令第3条第3項によると「アマチュア無線局の無線設備の操作」となっており、第二級以下の級の操作範囲のような、出力や周波数の制限はない。
※日本国内では1kWを超える出力のアマチュア無線局の免許は与えらないため、実際に無限に出せる訳ではない


試験の概要

無線従事者規則第5条に、次のように定められている
イ 無線工学
(1) 無線設備の理論、構造及び機能の概要
(2) 空中線系等の理論、構造及び機能の概要
(3) 無線設備及び空中線系等のための測定機器の理論、構造及び機能の概要
(4) 無線設備及び空中線系並びに無線設備及び空中線系等のための測定機器の保守及び運用の概要
ロ 法規
(1) 電波法及びこれに基づく命令の概要
(2) 通信憲章、通信条約及び無線通信規則の概要


資格偏差値は45で、「簡単」の部類*1(これは怪しい)
合格率は約46%だそう


点数、試験時間等は次の通り
試験科目は「無線工学」と「法規」の2科目で、全てマーク式

試験科目 問題数 1問あたりの配点 形式 満点 合格点 試験時間
無線工学 30 5 A形式、B形式 150 105 2時間30分
法規 30 5 A形式、B形式 150 105 2時間30分

必要な勉強時間

7月~12月の一ヶ月あたりの勉強時間
f:id:monhime:20181212152212p:plain:w500


計 107時間22分


3アマと比べるとかなり難しくなったと感じた
無線工学も法規も試験範囲が広がり、必要な時間が増えた
その上、1アマ試験は重箱の隅をつつくような問題が多め


法規では分厚い問題集にさえ載っていなかった問題が数問あった
7割合格なのでその問題は捨ててもいいけど、確実に取らなければならない問題をほぼ正解しないと合格はほぼ不可能だろうと感じた


試験対策

参考書

解説・無線工学 2017/2018 (アマチュア無線技士問題集)

解説・無線工学 2017/2018 (アマチュア無線技士問題集)

筆者は色がついた参考書が苦手なので、完全に白黒のこちらを購入
無線工学のみの参考書。解説が細かく、原理まで理解して覚えることができる。一陸特や大学(電気電子工学科)の勉強にも役立っているのでかなりおすすめ。一生手元に置いておきたい一冊。



問題集(過去問)

3アマのとき同じシリーズの問題集が役に立ったのでこちらを購入
解説がしっかりしているし、なんと言っても問題量!!
これだけ多くの問題を完璧にすれば、少なくとも合格点は取れることは保証できる。



勉強の流れ

1.参考書を一通り読んで理解する(完璧に覚えなくて良い)
2.過去問を解く。間違えた問題に☓、合っていたが自信がなかった問題に△、合っていたら問題番号を消すように斜め線/。分からないところは参考書を読み、参考書の該当部分に傍線または囲って目立たせる
3.参考書をもう一周読む
4.過去問の△と☓のついた問題を解き直す
以降、3と4の繰り返し
一ヶ月以上間が空いたら/の問題も念の為解く
家や図書館では過去問を解いて、スキマ時間で参考書を読むと良い
筆者は楽に持ち運べるよう、両方電子化してiPadに入れた
そういえば試験会場でiPadで勉強している人はいなかったなぁ



試験当日の日記

試験会場は晴海の日本無線協会
受験票には東京駅からバスで行くよう書かれているけど、この日は地下鉄で他の場所にも行く予定があったので、都営&メトロフリーきっぷを買った
f:id:monhime:20181212152205j:plain:w300


大江戸線勝どき駅に着いた
f:id:monhime:20181212152206j:plain:w500


建物へ歩く。埋立地なので自然っぽさがない。空気が汚くて息苦しい。
f:id:monhime:20181212152207j:plain:w500


試験会場に着いた!

f:id:monhime:20181212152208j:plainf:id:monhime:20181212152209j:plain


試験室に入ると、まず驚いたのが年齢
見た感じ9割以上が40歳以上。半分は60歳超えているように見える
大学生っぽい人は1割くらいしかいない(1人小学生の男の子いた)
3級試験の時は10代が多かったのに


午前の試験が終わり、昼ごはん
ハムサンド。ハムだけに。(3級試験の時もやったやつ)
f:id:monhime:20181212152210j:plain:w300



その後

12月18日合格発表の日

合格していたときのため、午前中に郵便局で収入印紙、切手二枚を購入(ついでに一陸特の試験料振込)
郵便局で一度にこんなするのは初めて
合格してたら申請用紙に合格日だけ記入してすぐ出せる状態にした


午後四時頃、大学のアマチュア無線クラブの後輩が受かったとTwitterで分かったのですぐにWebで確認。


合格!


授業が終わったらすぐ帰り、郵便受けに入った合格通知を取り、合格日を確認。今日の日付ではなく、12/17。
申請用紙に書いて、郵便局前のポストへ投函。次の回収は19:00
明日着くだろうし上級アマ合格者の中では早い方だと思う


1アマ免許証が届いたらJARLに入る

2019年1月15日 1アマ免許証届いた

f:id:monhime:20190115125606j:plain:w500


次の日コピー取ってJARLの入会申し込み書類を提出した
青少年入会キャンペーンやっていた
友人の紹介もあるので書類を郵送して申し込みした
JARL 青少年助成
年末年始挟むから時間かかったなぁ


1月25日 JARL会員証が届いた

一緒にJARL会員手帳、会員証入れと、会員局名録に個人情報を載せるかどうかの手紙も入っていた
コールサインはOKだけど、氏名、電話番号は載せない。住所は郵便番号で分かるところまでにした
この名簿使って選挙の手紙出した人がいるそうなので流石に住所全て載せたくはない
短波ラジオTIMELINE on Twitter: "JARL会員局名録への掲載を永久拒絶しました。役員選挙告示後、局名録掲載の住所を見て自身への投票を求める郵便を送りつけてくる立候補者が後をたたないため。QSLカードも次回新調から住所を掲載をしないことに。カードに記載の住所から、支持政党の広報を送りつけてくる非常識な輩にうんざり。… https://t.co/J3kzL7sJeK"

無線機を購入・申請

一陸特試験を受けた日に富士無線でFT-8181NDを購入した
monhime.hatenablog.com
f:id:monhime:20190212131920j:plain:w500f:id:monhime:20190212131921j:plain:w500

免許状の受け取り

2/10に申請して2/28に免許状を受け取った
これでHFもできるようになった
f:id:monhime:20190228205711j:plain:w500


HFアンテナとパドルはクラブ局のアンテナを借りようと思う
CWフィルタも買うほどの貯金がないので、しばらくは2mと430のSSB、FM用として使うつもり



次回の資格試験

2月に一陸特を受ける
無線がわかり始めた。この波に乗らねば。


追記
受かりました
monhime.hatenablog.com